FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
低コストでクリーチャーをゲームから取り除く流刑への道
先日にコンフラックスのブースターパックを買おうと思ったが
売り切れ中でした。アラーラの断片のブースターも。
ここ2年くらいでマジックザギャザリングのブースターパックを
扱うゲームのお店が閉店し減ってしまいちょっとショック気味。

今回はコンフラックスの白のクリーチャー除去カードを紹介。

流刑への道
流刑への道 W アンコモン
インスタント
クリーチャー1体を対象とし、それをゲームから取り除く。
それのコントローラーは自分のライブラリーから基本土地
カードを1枚探してもよい。そうしたなら、そのプレイヤーは
そのカードをタップ状態で場に出し、自分のライブラリーを
切り直す。

流刑への道は低コストでクリーチャーをゲームから取り除く
白のインスタント。取り除かれたクリーチャーはそのゲーム
ではもう使えない。流刑と名がつくだけはある。

普通に使うなら対戦相手の厄介なクリーチャーを対象。
代価は基本土地(平地、島、沼、山、森)をタップ状態で場に
出す機会を与える。
敵に塩を送るようでもあるが単色デッキの場合だとさほどは
痛くはない。多色デッキで序盤に使うことになると様子を
見ることにもできる。対戦相手が何の土地を引っぱって
くるかでデッキの構成が伺える。
基本土地以外の特殊地形しかライブラリーに残っていない
場合は持ってこれない。

他には対戦相手の呪文か能力などの攻撃で自分がコントロール
するクリーチャーが倒されそうになったときなどそれを対象にし
土地にするという手もある。倒されるクリーチャーが墓地から
戻せないようだったら取り除かれるのとそれほど大差ない。
マナを出すための苗床になってもらおう。

クリーチャー除去とはいえインスタントで土地を持ってこれる
のは珍しい。対戦相手のターンに自分のクリーチャーを対象に
した場合、持ってきた土地は自分のターンで使えるようになる。
アンコモンだが低コストで使え選択肢があるのでレアに匹敵
するカードと言われている。
スポンサーサイト
2009/02/22 18:46 | マジックザギャザリングのカード紹介 | コメント(1) | pagetop↑
コンフラックスのブースターパックを購入
昨日発売されたコンフラックスのブースターパックを3つ購入した。
プレミアムカードは約67枚に1枚の割合。
今回もプレインズウォーカーをはじめ神話レアは健在。
でたレアは威圧の王笏、遁走の王笏、パレオロス。
今回は久々に軽めの王笏というカードがでたのでそれらを。

威圧の王笏
威圧の王笏 1WW レア
アーティファクト
W,T:パーマネント1つを対象とし、それをタップする。

威圧の王笏は自分か対戦相手のターンにクリーチャーをタップさせる
なり土地をタップさせるなり序盤の足を止めさせれそうだ。

遁走の王笏
遁走の王笏 BB レア
アーティファクト
1B,T:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
この能力は、あなたのターンの間にのみプレイできる。

遁走の王笏は自分のターンにしか使うことができないが手札破壊デッキには
良さそうだ。偏頭痛(第10版)はもちろんコンフラックスのニクサシッド
とも相性が良い。

パレオロスは構築済みデッキのナヤの版図にも入っている緑の大型クリーチャー
カード。何故か初モノは構築済みのレアカードを当てる事が多い。

アラーラの断片は3色で起動するタイプの能力があったがコンフラックスは
5色。かなり上級者向け。土地カードのバランスが難しそうだ。
基本土地以外も必要不可欠。その分強力なクリーチャーも多い。
5色の白、青、黒、赤、緑はWUBRGと書かれる為欧米圏ではこれを
「ウーバーグ」と読む人も多いそうだ。マナコストが5色のクリーチャーが
でたら「ウーバーグ」キター!と叫ぼう。
2009/02/07 20:59 | ブログ | コメント(1) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。