FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
コンフラックスの黙示録のハイドラ
この頃、アラーラの断片が人気のようですね。
でもコンフラックスの黙示録のハイドラを紹介。
絵がなんとなく好きなので。

黙示録のハイドラ
黙示録のハイドラ XRG 神話レア
クリーチャー ─ ハイドラ
0/0
黙示録のハイドラは、それの上に+1/+1カウンターがX個置かれた
状態で場に出る。
Xが5以上の場合、それは追加の+1/+1カウンターがX個置かれた
状態で場に出る。
1R,黙示録のハイドラから+1/+1カウンターを1個取り除く:
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。
黙示録のハイドラはそれに1点のダメージを与える。

複数の能力を持つクリーチャー。
支払ったマナのXの分だけ+1/+1カウンターが黙示録のハイドラの
パワーとタフネスになる。召喚で支払ったマナの数による。
ただ4だと4/4。5以上だと10/10以上になる。5以上の方がオトク。
中盤から終盤戦向き。使い勝手が難しいが5以上払うと無敵に近い。

赤と1マナを払えば+1/+1カウンターを使いプレイヤー1人か
クリーチャー1体に1点のダメージが与えられる。
ドラゴンのように火を吹くぜ!
+1/+1カウンターの数なので使えば減り弱くなる。遠隔攻撃ができるが
有限。プレイヤーにもダメージが与えられるのでトドメになるかも。
接死の能力をつけると普通の矢が毒矢になるような気分。
1点のダメージでクリーチャーを破壊できるようになる。
(プロテクションや破壊されないなどを除く)
黙示録のハイドラの1点のダメージを与える能力はマナが残っていれば
召喚酔いに関係なくすぐに使える。
今考えると弱くならないシヴのヘルカイト(第10版)は出れば強い。

黙示録のハイドラはマナコストを払わないと場に存在できないため青の
カウンター呪文に弱い。黒の場に戻す効果のあるカードのサポートも
受けられない。よって純粋な赤緑のデッキ。完全なバーンデッキ向け。

絵で気がついたのは中央に飛んで黙示録のハイドラと戦っているのは
鳥ではなく天使。右下の方では複数人とも乱戦中(お食事中?)。
左下には突進する騎兵。流石は黙示録。
ちなみにアラーラ再誕は4月30日が発売予定日。
スポンサーサイト
2009/04/21 19:08 | マジックザギャザリングのカード紹介 | コメント(0) | pagetop↑
<<アラーラ再誕のブースターパック購入 | ホーム | 低コストでクリーチャーをゲームから取り除く流刑への道>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。