FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
ネズミとスピリット、リアニメイトコンボ
フィフスドーンの執拗なネズミとラヴニカの血族の行進を使った
コンボ。フィフスドーンはスタンダードから外れているので好みで。

執拗なネズミ
執拗なネズミ 1BB アンコモン
クリーチャー ─ ネズミ
2/2
執拗なネズミは、場に出ている他の「執拗なネズミ」という名前の
クリーチャー1体につき+1/+1の修整を受ける。「執拗なネズミ」
という名前のカードは、デッキに何枚でも入れてよい。

血族の行進
血族の行進 2BG レア
エンチャント
いずれかのクリーチャー呪文がプレイされるたび、各プレイヤーは
自分の墓地にあるその呪文と同じカード名のカードをすべて場に戻す。

マジックザギャザリングのルールの中でデッキには基本地形以外の
カードは1種類につき4枚までしか入れない。
例外は執拗なネズミだけで基本地形のように何枚でも入れても良い。
そのため血族の行進の能力と相性がよく、執拗なネズミが倒されても
また執拗なネズミを出せば他のが墓地に置かれた数だけ復活する。

神河物語の頭蓋の摘出や神河謀叛の最後の裁きには負ける。

血族の行進の中で最も破壊力があるのはおそらく神河物語の
夜の星、黒瘴を使うスピリットデッキだろう。
こちらはネズミはなしの現スタンダードでOKなコンボ。

夜の星、黒瘴 4BBレア

伝説のクリーチャー ─ ドラゴン・スピリット
5/5
飛行
夜の星、黒瘴が場からいずれかの墓地に置かれたとき、各対戦相手は
5点のライフを失う。あなたはこれにより失われたライフの合計に
等しい点数のライフを得る。

伝説のクリーチャーなので2体以上場に存在できないが、最大4体同時
に出せば能力で20点マイナス。ほぼ対戦相手は負けるだろう。

4体墓地に置く手段は難しいが、できそうなのは神河物語の死相の否命。
能力は場に出たとき自分のライブラリーから望む数のスピリット・カード
を探して自分の墓地に置いてもよい、というもの。デッキ圧縮にもなる。
あとはリアニメイト(墓地からクリーチャーを生き返る)呪文を用意すれば
良い。

生き返る呪文はゾンビ化、死語剛直あたりが妥当。秘儀呪文系なら
御霊の足跡、墓場の騒乱あたり。御霊の足跡はデメリットがデカイが
このコンボなら入れてもおかしくはないだろう。
小型スピリットも多く入れたい。胆汁小僧や秘儀呪文を戻せる花の神
が適任。大型スピリットを単体で墓地に送るのなら神河謀叛のアーティ
ファクトのまどろむ虎の像を使うのもいいだろう。
スポンサーサイト
2006/03/04 23:23 | コンボ | コメント(0) | pagetop↑
<<憤怒ゴブリンコンボ | ホーム | 狩り立てられた横揺れコンボ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。