FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
シミック団、移植コンボ
ディセンションの移植の能力について考察してみた。
移植とはシミック団(緑青)のギルド能力。用意したいカードは
移植能力を持ったクリーチャーと憎悪の種、ウラシュト。

ヴィグの水植物
ヴィグの水植物 1GU コモン
クリーチャー ─ 植物・ミュータント
0/0
移植5(このクリーチャーは+1/+1カウンターを5個置かれた状態で
場に出る。他のクリーチャーが場に出るたび、あなたはこのクリーチャー
の+1/+1カウンターを1個、それの上に移動してもよい。)
ヴィグの水植物は攻撃やブロックに参加できない。

憎悪の種、ウラシュト
憎悪の種、ウラシュト 2RG レア
伝説のクリーチャー ─ ハイドラ
0/0
憎悪の種、ウラシュトは、あなたがコントロールする他の赤クリーチャー
1体につき1個の+1/+1カウンターと、あなたがコントロールする
他の緑クリーチャー1体につき1個の+1/+1カウンターが置かれた状態
で場に出る。
1, 憎悪の種、ウラシュトから+1/+1カウンターを1個取り除く:
以下の2つから1つを選ぶ。「クリーチャー1体を対象とする。
憎悪の種、ウラシュトはそれに1点のダメージを与える。」
「緑の1/1の苗木クリーチャー・トークンを1体場に出す。」

移植能力を持ったクリーチャーはなんでも良いが、カウンターの多い
ヴィグの水植物を例にした。

ウラシュトの第2の能力を使い、苗木トークンを出す。次に移植能力起動。
他のクリーチャーが場に出るたび移植してよいのでまた+1/+1カウンター
をウラシュトの出すトークンの上にのせる。2/2の苗木トークンとなる。
マナコストとカウンターがあるたび起動できる。頃合を見計らって止めても
良い。

マナコストがかかるのが難点だがこの能力は相手のターンにクリーチャーが
出ても使えるのが良い。伝説のクリーチャーというのもキツイがカウンター
を使いきれば問題無し。2体目がもし出せて苗木トークンが大量にいたら
面白そうだ。第一の能力で対戦相手のクリーチャーを薙ぎ払ってしまうのも
いいかもしれない。3色以上なので極楽鳥か多色のマナをだせる土地か
アーティファクトを用意したい。
スポンサーサイト
2006/05/09 00:15 | コンボ | コメント(0) | pagetop↑
<<ラクドス暴勇遠隔コンボ | ホーム | ディセンションを発売日前に購入>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。