FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
マジックザギャザリングの昔のカードと今のカード
このギルドパクトのコモンカード、少し強いな。と思った人も
いるのでは。絵が割と好き。

幽霊の管理人
幽霊の管理人 1W コモン
クリーチャー ─ スピリット
1/1
T:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+1/+1
の修整を受ける。

飛んでいそうで飛んでいない感じがする。飛行がついてたら凄く強い。
オルゾフデッキに入れそうだけど、入れる人は少ないだろう。
他の優秀カードが多いから。だが少し昔のレアカードと同等の力がある。

ワイルーリーの狼
ワイルーリーの狼 1G レア
狼の召喚
1/1
T: 対象のクリーチャー1体は、ターン終了時まで+1/+1の修正を
受ける。

最新だと基本セットの第6版に収録されている。違うのは色と種族。
テキストもやや違うが、同じ内容である。昔のカードは極端に強い
カードが多かったが、大分バランスをとったのだと分かる気がする。
ゲームバランスはとても大事だ。

戦闘でブロックする際タップして起動能力を自分に使えば、2/2の
クリーチャーとして参加ができる。味方のクリーチャーの援護も可能
なので優秀と言えば優秀。でも神河物語の兜蛾も強すぎの気はする。


スポンサーサイト
2006/06/04 20:56 | カードゲーム | コメント(0) | pagetop↑
<<トークン無効化コンボ | ホーム | 青のブロックイリュージョン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。