FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
森を戻してアンタップさせるクリーチャーと炎の鞭
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。この時期の夜は手が
冷えます。今回は時のらせんのお気に入りカードの紹介。

スクリブのレインジャー
スクリブのレインジャー 1G アンコモン
クリーチャー ─ フェアリー
1/1
瞬速(あなたはこの呪文を、あなたがインスタントをプレイ
できるときならいつでもプレイしてよい。)
飛行、プロテクション(青)
あなたがコントロールする森を1つオーナーの手札に戻す:
クリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。
この能力は、毎ターン1回のみプレイできる。

これだけ複数の能力があって瞬速がついている時点で3マナは
あってもおかしくはないのでは、と思っています。2マナは安い。
瞬速なので相手のターンに出してタップ状態の味方クリーチャー
を1体だけだがアンタップさせブロックに参加させることも可能。
この能力は召喚酔いに関係なく使える。

緑では数少ない飛行つきクリーチャーだしタップ状態の森の土地を
戻せばまた緑マナを出す機会も増える。(また出して)

プロテクション青なのでラヴニカのデメリットのある
狩り立てられたトロールを場に出してもよさげ。
(狩り立てられたトロールは場に出ると対戦相手に4体の
青の1/1のフェアリーのトークンを与える)

タイムシフトでウェザーライトから再録された炎の鞭とも相性が
良い。(炎の鞭はクリーチャーにつけると遠隔で1点のダメージを
プレイヤーかクリーチャーに与える赤のエンチャント)

昔、少し似たカードがあった。

クウィリーオン・レインジャー
クウィリーオン・レインジャー G コモン
エルフの召喚
1/1
あなたがコントロールする森1つを、そのオーナーの手札に
戻す:対象のクリーチャー1体をアンタップする。この能力は、
1ターンに1回しか使えない。

クウィリーオン・レインジャーはビジョンズのカード。このカードを
憶えている人は、昔からマジックザギャザリングをやっているか知って
いる人。再録されたカードが出てカードのテキストの表現の仕方が少し
変った。(炎の鞭は今(タイムシフト)と昔(ウェザーライト)では
見方を変えれば違って見えますが意味は新しい方を尊重されます。)

昔も森を戻してアンタップは地味に活躍していた。炎の鞭もこの頃から
あった。
マナをだすクリーチャーや炎の鞭や貿易風ライダー(貿易風ライダーは
クリーチャー2体タップして対象のパーマネントを戻すクリーチャー。
自身もその時タップする)等が印象に残っている。

炎の鞭+アンタップといえば毒カウンターを使ったデッキもあった。
(毒カウンターを能力とするクリーチャーにダメージを与えられた
プレイヤーに毒カウンターが乗り、10個貯まるとそのデュエルは
負けとなる。マーシュ・バイパーあたりが有名)

最後に棘のショッカー(対戦相手にダメージを与えるとの手札を全て
捨てさせそのあとその枚数だけ引かせるクリーチャー)と炎の鞭は
コンボができます。そういえばテンペストにもショッカーはいた。
炎の鞭はダメージを与えると効果を発揮するカードと相性が良い。
(戦闘ダメージは除く)
スポンサーサイト
2006/11/17 23:02 | カードの能力 | コメント(0) | pagetop↑
<<昔の白の強いコモンカード | ホーム | 待機するドラゴン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。