FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
墓地から援護するインカーネーションというカード
夏休みはあまり焼けませんでした。
しばらく見ないうちにプレミアムカードのうち数枚、湿度で
曲がっちゃいました。べ、別に気にはしていませんが次元の混乱の
粗暴な力(巨大化の赤版)がいたかったかな。

今回は時のらせんにジャッジメントからタイムシフトとして
再録された武勇を紹介。

武勇
武勇 3W タイムシフト
クリーチャー ─ インカーネーション
2/2
先制攻撃
武勇があなたの墓地にあり、かつあなたが平地をコントロールしている
かぎり、あなたがコントロールするクリーチャーは先制攻撃を持つ。

クリーチャーらしくない名前ですがジャッジメントで収録されている
インカーネーションというクリーチャータイプはすべてこのような
名前ばかり。クリーチャーと言うより援護用のカード。
墓地から援護するので干渉はされにくい。
武勇は時のらせん唯一再録されたインカーネーション。

先制攻撃は地味ですがわりと実戦的。
例えるなら5/5のクリーチャーが2体いてそれらが戦闘をした場合
先制攻撃を持っていた方が勝つのは基本。
ちなみに先制攻撃をもつ5/5のクリーチャー1体とともたない
5/5のクリーチャーが複数で戦闘した場合ももつ方が勝つ。

武勇の場合、墓地へ置いたほうが効果的なので場には出さないで
温存した方が良い。
戦闘で例えるならこちらが相手に攻撃をしかけて上のような例で
相手が相打ち覚悟でブロックに参加してきたら、こちらに優先権が
あるときに何らかのインスタントタイミングの手札からカードを
捨てる能力で武勇を墓地へ置けば、一方的に味方のクリーチャーが
生き残るので有利にはなる。
平地をコントロールしていないといけない条件だが仕方が無い。
これがなければ価値は明らかに違うが、多色デッキなら大丈夫
だろう。墓地に置くという条件の意味では黒と相性が良いので
白黒デッキ向け?メインフェイズだが第10版に再録された
隠された恐怖(場に出るとき手札からクリーチャーカードを墓地に
置かないと場に残れない黒のカード)で予め武勇を墓地に
置くのもよい。マナコストがやや黒寄りだが。
隠された恐怖も名前的には曖昧でクリーチャーっぽくないけど
個人的には好き。強さのわりにコスト軽くて使いやすいから。
スポンサーサイト
2007/09/06 00:06 | マジックザギャザリングのカード紹介 | コメント(0) | pagetop↑
<<マジックザギャザリングでスリーブを比較 | ホーム | 森渡りの能力>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。